ABOUT

コーチには元々馬車の意味があります。コーチとは生徒を成功へと運ぶ者。上からの指導ではなく、成功へと導く者として雪山や南極のような過酷な場所でも人を運ぶ、犬ぞりの犬のように、生徒を成功へと運ぶのが私たちコーチであるという思いを込めてハスキー犬が盾を囲んでいます

 

盾の中の4つのイニシャル。K.I.N.D

 

Keep on challenging even if it breaks your heart.

たとえどんなに辛くても、挑戦し続ける。

 

If you can dream it ,you can do it.

願えば叶う。

 

Never lose hope for the future.

未来への希望を決して失わない。

 

Don’t be afraid to fail.Be afraid not to try.

失敗を恐れるな。見逃すことを恐れろ。

 

この4つの言葉を失わないことが成功への近道と思っています。

その中で忘れてはいけないのが人を想う気持ち"KIND"優しさです。   

 

 

 

1、野球のすべてを愛しなさい

 

野球が大好きな君はもっと野球を愛しなさい。

野球の全てを愛しなさい。

そんな簡単なことで野球がうまくなるわけないと思うかもしれない。

野球のすべてを愛しなさい。

苦しみを愛しなさい。

なぜなら、苦しみは君を強くしてくれるから。

負けを愛しなさい。

なぜなら、負けは君を次の勝利へと導いてくれるから。

失敗を愛しなさい。

なぜなら、失敗なしで成功は絶対にないから。

敵を愛しなさい。

なぜなら、敵は君の成長を加速させるから。

道具を愛しなさい。

なぜなら、野球道具は君の体の一部だから。

仲間を愛しなさい。

なぜなら、野球は1人では絶対にできないから。

自分を愛しなさい。

自分の身体を大切にし、肉体のレベルを常に上げなさい。

今日という日を愛しなさい。

なぜなら、今日は二度と戻ってこないから。無駄な日など1日もない。

一流になる君には1日を無駄にしている暇などないはず。

 

2、無理と言わない

 

君は夢を叶えられずに諦めるために生まれてきたわけではない。

必ず夢を叶える。

無理だ。できない。そんな言葉は1度でも言ってはいけない。

君にはできる。もし今回、失敗したとしても次はできる。

次も失敗したとしても、その次はできる。

できるまでやり続ければできないことなんて1つもない。

 

3、自分は人と違うことを知る

 

君という人間はこの世に君以外1人もいない。

君は唯一でかけがえのない存在。

同じ人間なんて1人もいない。

君と同じ投げ方の人も、同じ打ち方の人も一人もいない。

君の最大の武器はここにある。

”人との違い”この武器を最大限に磨き、最大限に発揮しなさい。

 

4、目標を下げない

 

君は目標を高く持ち、その目標をけして下げてはいけない。

目標を下げるとレベルも同時に下がる。

常に上を目指し、日々努力を続けなさい。

目標が達成されたらすぐ新しい目標を立てなさい。

手の届くような目標は目標ではない。

100を目指してやっと80。120を目指してやっと100。

 

5、グランドに私生活を持ち込まない

 

グラウンドに私生活を持ち込まない。

学校や私生活でいやなことがあっても野球とは関係ない。

何があっても野球に集中しなさい。

野球以外のことをしている時は野球のことを忘れなさい。

その時その時のことに100%集中しなさい。

勉強の時は勉強に100%遊んでいる時は遊びに100%

休む時は休むことに100%これができない人はすべてが中途半端になる。

 

6、感情を支配する

 

自分の感情を支配しなさい。

嫌な気分になることもある。自信を失うこともある。

怖いこともある。気分が悪いこともある。悲しいこともある。

その感情はすべて君の心の中で起きていることだ。

君がコントロールしなければならない。コントロールできる人は強い。

自信をなくしたら、よかった時を思い出しなさい。

怖かったら、思いっきり突っ込みなさい。

悲しかったら、笑いなさい。

気分が悪かったら、倍練習しなさい。

 

 

7、行動しないと始まらない

 

夢も目標も希望も計画もまったく意味がない。

行動してやっと価値が生まれる。

どれだけ必死に地図を見ていても君は1㎜も動かない。

地図には君を動かす力はない。

地図と同じで夢たちには君を動かす力はない。

君が動かなければ何も始まらない。

夢や目標、希望、計画が動く君を良い方向に導いてくれる。

まずは、行動しなさい。

成功は待ってくれない。

ぐずぐずしていたら成功はどこかへ行ってしまう。行ってしまった成功は戻ってこない。

君なら成功を掴み取ることができる。

 

8、調子が悪いときは手元から確認する

 

調子が悪いときは手から確認し直す。

ボールを握っているのも、バットを握っているのも、

グローブをはめているのもすべて手。

手の感覚はとても繊細。

まずは、手がいつも通りかチェックします。次に腕です。頭→上半身→腰→下半身の順に確認していこう。

調子が悪いときはいつもと何が違うのかわからなくなる。手から順に確認していくことでいつもの自分を取り戻しやすくなる。

 

9、人を尊敬しすぎない

 

人の真似をして技術を習得することはとてもいいこと。

ただ、尊敬しすぎるとその人を超えることはできない。

尊敬の中にも闘争心を持ち、追い抜く気持ちを持つことが大切。